実習をする場所のこと

いろいろな場所で看護の実習

レディースクリニックの実習

看護師になる為には全ての科で実習を受ける必要があります。レディースクリニックにおける看護実習では、産婦人科項目の勉強として出産の見学はもちろん、産後のお母さんの肥立ちの様子や体温や脈拍を含む各種の測定管理、陰部洗浄や乳房のマッサージなどを勉強し、赤ちゃんに関しては沐浴やミルクによる授乳などを経験します。産後のお母さんの疲労度はとても濃く、縫合部の痛みもある事からナーバスでデリケートになっています。どの科にも言える事ですが、特にレディースクリニックでは看護の精神をしっかりと持ち、心と体のケアがしっかりと出来るよう努める事が大切です。不十分でない体調の中に協力してくれる患者さんに感謝して、実りある経験を積みましょう。

実習を経て就職するケースもある

レディースクリニックとは、産婦人科と婦人科のことです。妊娠・出産だけでなく、育児指導や、思春期の生理不順や更年期障害など、女性特有の心身の健康や生活に関わりがある様々な症状について治療やサポートをするところです。医師の他、助産師や看護師が働いていますが、クリニックによってはスタッフ全てが女性のところがあります。看護師や助産師を目指す看護学校や助産師養成所の学生が、レディースクリニックに実習に来て、卒業後に就職するというケースも見られます。助産師になるには、国家試験である助産師免許以外に、看護師免許も必要であるため、助産師兼看護師の役割を果たしているスタッフもいます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; レディースクリニックの授業とは All rights reserved